miraibo_main

未来墓(みらいぼ)シリーズについて

 これまで『お墓』と云うと、みかげ石の石碑に『○○家之墓』等と刻み、お墓の持ち主の方がご逝去されるとその家のご長男の方、そしてその子供さん・・・、が代々守っていくのが一般的でした
現代では、超少子化や所帯を持たない方(非婚化)の家が増え『お墓』が続かない時代となりました
このような時代背景を考慮し、今迄に無い新しい仕組みのお墓を当園では『未来墓シリーズ』として順次提案して参ります

永代管理墓(えいたいかんりぼ)とは・・・

 万一、お墓が続かなくなっても当園が管理・供養を続けて参ります また、一般の墓所と同様にお墓を使用する権利を代々に渡り「承継(しょうけい)」をしていくことも可能です 個々のお墓はお求め頂いた『その家』専用の区画となり、埋葬された遺骨は他家の遺骨と合祀されることはありません

永代管理墓へ

永代合祀(合葬)墓(えいたいごうしぼ)とは・・・

 諸事情によりお墓を求めることが困難な方に廉価にてご供養の場を提供するお墓となります 遺骨はすべて粉骨(遺骨を粉状にすること)のうえで合祀(合葬)されます 遺骨のご持参が困難な場合は、郵送での受取りも出来ます(郵送の場合は「ゆうパック」に限ります)

永代合祀墓へ

永代有縁墓(えいたいうえんぼ)とは・・・

 代々続いてきたお墓が諸事情により続かなくなった場合、当園がその家に変わり御遺骨をお預かりし供養を続けることでご縁が生まれる、当園では永代有縁墓(えいたいうえんぼ)と呼んでいます 遺骨は骨壷の状態で収蔵され、お預かりした日より七年または十三回忌を過ぎた遺骨から順次骨壷から取り出され、同墓内に合祀(土の上に撒く)する納骨堂形式の永代供養墓となります

永代有縁墓へ

永代樹木墓(えいたいじゅもくぼ)とは・・・

今まで「お墓」と云うとみかげ石の石碑を建立し、その下の納骨棺に遺骨を骨壷に入れた状態で先祖代々その遺骨を守って参りました このお墓は、みかげ石の使用を必要最低限に留め、『桜』(2種類)を同墓所のシンボルツリーとし、個別の納骨棺/石棺の中に直接遺骨を撒く自然と調和したお墓となっております 「桜の成長とともに春には花を愛でながら土に還って眠ることが出来るお墓」として永代樹木墓と名付けました

永代樹木墓へ